Clockpunk

パンクの流れの発見: クロックパンク

clockpunk

パンク文学の傾向について知識を深めたいと考えていますか? クロックパンクの世界についてもっと知りたいですか?

懐中時計を専門とするブティック、Goussets Béguin へようこそ!当店のテーマであるミニチュア時計づくりに特化した記事を毎週お届けします。しかし、スチームパンクの世界は懐中時計と非常に結びついています。これが、 私たちがスチームパンクの世界のみに特化したブログとその派生作品を提供する理由です。本日、パンク ムーブメントのあらゆるジャンルを知るための記事シリーズを開始します!

これらの行から次のことが分かります。

  • クロックパンク ムーブメントの起源と出現日
  • クロックパンクの世界のプレゼンテーション
  • クロックパンクの世界に関する言及と作品

さあ、いきましょう!

ブティック懐中時計

クロックパンク: スチームパンクのサブジャンル

スチームパンクと比較すると、クロックパンクという用語は一般の人々にはほとんど知られていません。ただし、後者はスチームパンクの世界から非常にインスピレーションを得ています。まさにレトロフューチャーこそがスチームパンクの本質なのです!ディーゼルパンク、アトムパンク、 この場合はクロックパンクに見られるレトロフューチャリズム。他の記事で紹介するサイバーパンクやバイオパンクとは異なり、未来でのみ起こる世界を提供します。明らかに、中心的な技術要素が推測しやすいレトロフューチャーな世界観を提供するムーブメントを「スチームパンクのサブジャンル」として分類します。しかし、次回は、 特にサブジャンルのサブジャンルが存在することを見ていきます。特に超慢性的な流れであるディーゼルパンクは、スティーパンクなどの他のスタイルに影響を与えるでしょう! p>

ユニバーズ クロックパンク

クロックパンクの流れのプレゼンテーション

スチームパンクとクロックパンクの関連性は理解できたので、この世界の説明に集中しましょう。これを行うには、すべての人に当てはまることですが、パンク運動に特化した記事では、期間を書いていきます。ジャンルの歴史宇宙の中心技術をテーマにしており、パンクムーブメントのテーマとなっています。行きましょう!

ルネサンスをベースにした宇宙

スチームパンクはビクトリア朝時代に舞台をとりますが、クロックパンクは数世紀前のルネサンス時代に遡ります。この時代は数学と天文学にとって非常に重要な時代であり、レオナルド ダ ヴィンチ、ニコラス コペルニクス、ガリレオなどの著名人が活躍しました。ルネッサンスについて考えるとき、イタリアの建築美的精密さ、さらにはパズルを思い浮かべることも珍しくありません。 > 。そして クロックパンクの世界はこれらの点にかかっています!

時計仕掛け

歯車とバネ機構を中心としたテクノロジー

最低限の英語の語彙があれば、クロックパンクと時計製造の関係を直接理解できるでしょう。 Clockpunk の主なテクノロジーは時計のメカニズムに大きく基づいています。規則性、微細な精度、安定性、機械的なシーケンス、... これはスチームパンクに非常によく似たテクノロジーです。後者では化学が使用されることもありますが、クロックパンクの世界は力学のみに基づいています。クロックパンク によく似た別のジャンルがあります。それはロココパンクです。後者は、18 世紀のロココ芸術に基づいて、宇宙の周期によってのみ区別されます。

クロックパンク ユニバースの参考文献

クロックパンクという用語に馴染みがないように見えても、この世界観に基づいた作品はたくさんあります。特に:

  • アサシン クリード サーガの最初のゲーム
  • ダ ヴィンチ コード シリーズ
  • トーマス・デイ作のニュルンベルクのオートマトン

他のパンクの世界を発見してください!

これで、クロックパンク スタイルについて知っておくべきことはすべてわかりました。それが14世紀から15 世紀をベースにした世界であることを一緒に見ました。数学パズルと建築の精密さをベースにイタリアの影響を色濃く受けています!探索すべきパンク トレンドはまだたくさんあります。ナノパンクの世界。それ以外の場合は、下のバナーをクリックして、遠慮せずにスチームパンク時計コレクションをご覧ください。

スチームパンク懐中時計

前後の記事を読む

différence entre steampunk et dieselpunk
univers nanopunk

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。